特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 岩手大会 盛岡大付コールド勝ち あす決勝 甲子園かけ花巻東と /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【盛岡大付-一関学院】一回表盛岡大付2死満塁、平内が右翼フェンス直撃の3点三塁打を放つ=盛岡市の県営野球場で2021年7月22日、松本ゆう雅撮影
【盛岡大付-一関学院】一回表盛岡大付2死満塁、平内が右翼フェンス直撃の3点三塁打を放つ=盛岡市の県営野球場で2021年7月22日、松本ゆう雅撮影

 第103回全国高校野球選手権岩手大会(県高野連など主催)は22日、盛岡市の県営野球場で再試合となった準決勝1試合があった。盛岡大付は中軸の金子京介(3年)が4試合連続の本塁打を放つなどし、昨夏の独自大会優勝校の一関学院を12―4の七回コールドで降した。

 決勝は24日午前10時から同球場で行われ、春の県大会覇者の花巻東と盛岡大付が甲子園の切符をかけて対戦する。【松本ゆう雅】

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文780文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集