長岡南森遺跡 南半部に人工的円弧 南陽市教委「古墳の決定打は出ず」 /山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山形県南陽市長岡で遺跡の発掘調査をする作業者ら=同市提供
山形県南陽市長岡で遺跡の発掘調査をする作業者ら=同市提供

 南陽市教育委員会は、東北最大級の前方後円墳の可能性のある長岡南森遺跡(同市長岡)について、南半部に古墳に似た人工的な円弧の地形が確認できたと発表した。担当者は「古墳とする状況証拠は見つかったが、決定打は出なかった」と話している。

 場所は、県内最大の前方後円墳とされる国指定史跡・稲荷森古墳から南東に約130メートル。2016年に上空から3Dレーザー測量を実施し、東北最大とされる宮城県名取市の前方後円墳(…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

あわせて読みたい

ニュース特集