特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 滋賀大会 近江、滋賀学園8強 彦根翔西館も 水口東は接戦制す /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【八幡商-近江】六回裏近江2死、左越え本塁打を放った山田(右)が津田とハイタッチ=大津市御陵町の皇子山球場で、礒野健一撮影
【八幡商-近江】六回裏近江2死、左越え本塁打を放った山田(右)が津田とハイタッチ=大津市御陵町の皇子山球場で、礒野健一撮影

 第103回全国高校野球選手権滋賀大会(県高野連、朝日新聞社主催)は第11日の22日、大津市の皇子山球場と彦根市のオセアンBCスタジアム彦根で3回戦4試合があり、ベスト8が出そろった。

 水口東は3―2で瀬田工に逆転勝ち。近江は6-4で八幡商を振り切った。滋賀学園は初回に6点を奪う猛攻で比叡山に7-3で勝利。彦根翔西館は13-4で大津にコールド勝ち。準々決勝4試合は25日に両球場で行われる予定。【礒野健一】

 水口東は1点を追う六回、竹岡の三塁打を足がかりに同点とすると、七回は相手失策で勝ち越し。四回から登板した小林が無失点と好投した。瀬田工は一回に田上優の適時打で先制するが、好機にあと一本が出なかった。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1026文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集