特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

クローズアップ

五輪開会式演出、小林氏解任 組織委ガバナンス不全 前日までドタバタ劇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パラリンピック開閉会式についての記者会見で小林賢太郎氏を紹介する佐々木宏氏(右)=東京都中央区で2019年12月
パラリンピック開閉会式についての記者会見で小林賢太郎氏を紹介する佐々木宏氏(右)=東京都中央区で2019年12月

 東京オリンピックは開幕前日の22日になっても騒動で揺れた。開会式の演出担当で元お笑い芸人の小林賢太郎氏(48)が過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をコントの題材にしていたとして解任された。大会関係者は「メガトン級だ。五輪が潰れかねない」と頭を抱えた。

 小林氏が、ホロコーストをコントの題材にしていた過去があるという情報がSNS(ネット交流サービス)で急速に広まったのは22日未明のこと。朝になってから橋本聖子会長ら大会組織委員会幹部に情報が伝わった。開会式開始まで40時間を切る中、前代未聞のドタバタ劇が始まった。

 国際オリンピック委員会(IOC)の五輪憲章は、あらゆる差別を禁止している。「ホロコーストは欧米で最もセンシティブで、国際問題だ」。国際事情に詳しい組織委幹部の言葉が象徴するように関係者は深刻に受け止めた。組織委内部から「辞任を待たず、即解任すべきだ」と声が上がる。人気タレントの容姿を侮辱する演出を提案した開閉会式演出総合統括の佐々木宏氏、同級生をいじめていたと過去に発言した楽曲担当のミュージシャ…

この記事は有料記事です。

残り2625文字(全文3085文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集