福島・浪江のハチミツから基準超えるセシウム 製造元が自主回収へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県庁=荒川基従撮影
福島県庁=荒川基従撮影

 福島県は22日、浪江町の道の駅なみえなどで販売していたハチミツ「はまっと~・極蜜」から国の基準(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。製造元の沢上管理耕作組合が自主回収を呼びかけている。

 県によると、国の研究機関が検査した結果、1キロ当たり130~160ベクレルを検出した。この商品は内容量…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集