特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「今じゃなくても…」 北海道の医療関係者、五輪開催に懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
札幌・大通公園のマラソンコース沿道に設置された五輪のモニュメント前で記念撮影する市民ら=札幌市中央区で2021年7月23日午後2時57分、貝塚太一撮影
札幌・大通公園のマラソンコース沿道に設置された五輪のモニュメント前で記念撮影する市民ら=札幌市中央区で2021年7月23日午後2時57分、貝塚太一撮影

 新型コロナ感染者が再び増加傾向にある北海道内では、医療関係者が五輪開催に懸念を募らせている。

 「出場選手やサポートする人を思うと、中止は悲しい。でも開催は今じゃなくても……」。新型コロナ病床がある札幌市内の病院に勤める50代の女性看護師の心中は複雑だ。

 5月5日、札幌でマラソンのテスト大会があり、その8日後には道内の感染者が700人超にまで急拡大した。五輪のマラソンと競歩は、その時と同様に「沿道観戦自粛」が呼び掛けられてはいるが「ちょっと見に行こうと思う人もいるはず。人の動きが増えるのでは」と実効性に疑問を感じる。

 道内でも高齢者のワクチン接種が進み、亡くなる人は春の第4波より大幅に減った。でも「ワクチンだって万能ではない」。患者や家族と接する機会も多いだけに「自分も症状の自覚がないまま感染し、職場で広げてしまわないか」と不安がつきまとう。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文885文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集