特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

異例の無観客五輪 聖火ランナー、開催に複雑な思いも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪開会式当日、国立競技場近くの五輪モニュメント近くは記念撮影する人やブルーインパルスの飛行を見ようと多くの人でごった返し、動けないほど人が集まった。モニュメント近くにマスクが落ちていた=東京都新宿区で2021年7月23日午前11時54分、平川義之撮影
東京五輪開会式当日、国立競技場近くの五輪モニュメント近くは記念撮影する人やブルーインパルスの飛行を見ようと多くの人でごった返し、動けないほど人が集まった。モニュメント近くにマスクが落ちていた=東京都新宿区で2021年7月23日午前11時54分、平川義之撮影

 東京オリンピックが開幕し、4カ月近く全国を巡った聖火が終着地にたどり着いた。リレーに関わったランナーたちは聖火が無事つながったことに胸をなで下ろしながらも、ほとんど無観客という異例の五輪に複雑な思いを吐露した。

 長崎県雲仙市を走った被爆者の宮田隆さん(81)は「誰もいない会場で競技させるのは選手に失礼だ。政府の失政を世界にさらすようで見ていられない」と嘆息した。大会を盛り上げたい一心でリレーを走っただけに「私たちは何のために走ったのか。1年延期までして政府は何をやっていたのか」と憤りを隠せない。

 下肢などに障害があり佐賀県有田町を車いすで走った大学生、内田琢馬さん(18)は聖火が聖火台にともされる瞬間を心待ちにしてきた。しかし周囲には、新型コロナウイルス感染が広がる中での五輪に疑問を抱く人も少なくない。「都市部だから感染者が増えると懸念するのでしょうか」。祝われない祭典をはがゆい思いで見守った。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文925文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集