特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 福島大会 きょう4強対決 日大東北×福島商/福島成蹊×光南 /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
準々決勝で聖光学院を破り喜ぶ光南の選手たち=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで2021年7月20日午前11時17分、玉城達郎撮影
準々決勝で聖光学院を破り喜ぶ光南の選手たち=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで2021年7月20日午前11時17分、玉城達郎撮影

 第103回全国高校野球選手権福島大会(県高野連など主催)は24日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで準決勝2試合が行われる。戦後最長となる13年連続で全国選手権に出場した聖光学院が準々決勝で敗れる中で、新時代を切り開く4強が熱戦を繰り広げる。第1試合は午前9時から日大東北と福島商が対戦し、第2試合は同11時45分から福島成蹊と光南が戦う。

 日大東北は、エースの吉田達也投手(3年)が130キロ台後半の直球で打たせて取る投球がさえ、第1シードの東日大昌平を準々決勝で破った。粘り強い野球が持ち味の福島商は準々決勝の相馬戦で、2点リードされた九回に長短打を重ね逆転サヨナラ勝ちしている。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文712文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集