外国人の葬儀サポート インド出身・シングさん、NPO設立 手続き代行や費用支援 加賀 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本で暮らす外国人の葬儀をサポートしようと、加賀市に住むインド出身のラビンダー・シングさん(38)が手続き代行や費用支援を行うNPO法人を設立した。「国籍にこだわらず相談に乗りたい。困っていたらぜひ連絡を」と意気込んでいる。

 シングさんはインド北部出身で、2006年に来日。名古屋市で貿易関連の仕事をしていたが、石川県出身の妻との結婚を機に13年、加賀市に引っ越した。現在は中古車販売業などを営む。

 活動のきっかけは友人の死だった。09年、インド出身の友人が交通事故で亡くなった。遺族は本国での火葬を望んだが、費用が高く日本で火葬するしかなかった。シングさんは当時日本語があまり話せず「大使館やボランティア団体への相談がうまくいかなかった」と悔やむ。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集