特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 京都大会 京都外大西 守り勝つ 乙訓も4強入り /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥羽・岸田悠悟主将(3年)=京都市右京区のわかさスタジアム京都で2021年7月23日午前11時10分、千金良航太郎撮影
鳥羽・岸田悠悟主将(3年)=京都市右京区のわかさスタジアム京都で2021年7月23日午前11時10分、千金良航太郎撮影

 第103回全国高校野球選手権京都大会(府高野連、朝日新聞社主催)は23日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で準々決勝2試合があった。いずれも甲子園の出場経験校同士による熱戦となり、2018年センバツ出場の乙訓と、05年夏の準優勝など春夏通じて甲子園15回出場の京都外大西が4強入りを果たした。

 乙訓は四回に4安打などで4点を奪い、終盤に1点差まで迫った鳥羽を振り切った。京都外大西は同点の六回に挙げた1点を守り切り、京都成章との息詰まる接戦を制した。

 準々決勝の残り2試合は24日、同球場で塔南―京都国際、西城陽―東山があり、4強が出そろう。【千金良航太郎、添島香苗】

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1085文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集