特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 岡山大会 倉敷商、粘って決勝/おかやま山陽、投打躍動 甲子園かけ あす対戦 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【創志学園-倉敷商】永野の適時打でサヨナラ勝ちを決め抱き合う選手たち=倉敷市中庄のマスカットスタジアムで、2021年7月23日午後3時15分、岩本一希撮影
【創志学園-倉敷商】永野の適時打でサヨナラ勝ちを決め抱き合う選手たち=倉敷市中庄のマスカットスタジアムで、2021年7月23日午後3時15分、岩本一希撮影

 第103回全国高校野球選手権岡山大会(県高野連など主催)は23日、倉敷市中庄のマスカットスタジアムで準決勝2試合があった。おかやま山陽は8―0で就実にコールド勝ち、倉敷商は延長戦の末、4―3で創志学園を降しそれぞれ決勝進出を決めた。甲子園出場をかけた決勝は、25日午前10時から同球場で行われる。【岩本一希】

 おかやま山陽は一回表1死二、三塁で岩田の内野ゴロで飯田が還り1点を先制。その後も7本の長短打で得点を重ね、就実を突き放した。就実は相手投手・岩田に対し打線が振るわず、三塁まで進むことができなかった。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1082文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集