特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球 大分大会 明豊、九回に打者一巡 大分舞鶴、打撃戦制す あす決勝 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明豊-藤蔭】九回表明豊2死満塁、簑原の2点適時打で生還した幸
【明豊-藤蔭】九回表明豊2死満塁、簑原の2点適時打で生還した幸

 第103回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は23日、大分市の別大興産スタジアムで準決勝2試合があった。明豊は投打がかみ合い、藤蔭を降した。大分舞鶴は大分東明との打撃戦を制した。決勝は25日午前10時。明豊は4年ぶり、大分舞鶴は同校初の甲子園出場をかけて戦う。【辻本知大】

藤蔭、あと1本出ず

 明豊は先発した財原が相手打線を八回4安打無失点に抑え試合の流れを作った。序盤に3点を奪うと、九回、米田の適時二塁打など打者一巡の猛攻で9点を挙げて試合を決めた。藤蔭はテンポ良く投げる相手投手を打ちあぐねた。八回、先頭の高倉、安河内の2連続安打で、得点圏に走者を進めたが、あと1本が出なかった。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1138文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集