特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

伊藤亜紗・評 『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』=ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ著…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』
『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書 自閉症者と小説を読む』

 ◆ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ著、岩坂彰・訳

 (みすず書房・4180円)

揺らめく世界でのシンクロ

 詩人としても活動する文学教授の著者が、五人の自閉症者たちと六つの小説を読む。『白鯨』から『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』まで、作品のチョイスはその人の特性や関心に合わせてカスタマイズ。対話の仕方も、対面での会話が難しい相手とはスカイプのチャット機能を使い、本の匂いが好きな相手なら作品に関連する記念館に同行。教授の目論見(もくろみ)は当たることもあれば外れることもあり、五者五様の読書の旅が描かれる。

 ちょっと待って、自閉症者に小説? 確かに自閉症に対するステレオタイプな見方の一つに、「他者の心が分からない」がある。科学論文ならいざしらず、登場人物の心の葛藤や逡巡(しゅんじゅん)を描き出す小説のようなジャンルを、自閉症者は楽しむことができるのか?

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1393文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集