特集

熱海土石流

静岡県熱海市伊豆山地区で2021年7月3日、大規模な土石流が発生しました。26人が犠牲、1人が行方不明に。

特集一覧

愛着の家、名残惜しい 生活再建へ一歩 熱海土石流3週間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引っ越しの荷造りを進める井之下翔さん=静岡県熱海市伊豆山で2021年7月22日、森永亨撮影
引っ越しの荷造りを進める井之下翔さん=静岡県熱海市伊豆山で2021年7月22日、森永亨撮影

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区の土石流災害は24日で発生から3週間となる。23日時点で死者は19人、いまだ8人が行方不明で、消防、警察、自衛隊などが約1300人態勢で捜索を続けている。避難所のホテルに身を寄せる住民は依然として300人超。避難が長期化する中、少しずつ生活の再建を進めている。【渡辺薫、森永亨】

 「この借家での生活に慣れてきたところだった。愛着も出てきたので残念……」。ガラス職人の井之下翔さん(30)は22日、自宅で衣服や食器などを段ボールに詰め込み、引っ越しに向けた荷造りに追われていた。

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1480文字)

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集