政治利用の始まりは 鼎談書評『ベルリン・オリンピック1936』

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「オリンピック」をテーマにした鼎談書評で紹介された3冊
「オリンピック」をテーマにした鼎談書評で紹介された3冊

 五輪と政治のつながりは、いつから深まったのだろうか。有識者3人が書籍を通して「五輪」を考えた鼎談(ていだん)書評の2回目は、国際政治学者の岩間陽子・政策研究大学院大学教授が推薦する『ベルリン・オリンピック1936 ナチの競技』(デイヴィッド・クレイ・ラージ著、高儀進訳、白水社)から。西洋史学者の本村凌二・東大名誉教授、文化社会学とジェンダー論が専門の伊藤公雄・京都産業大教授とともに、政治や戦争と密接な関係が生まれた五輪の「転機」を語り合った。司会は芥川賞作家の池澤夏樹さん。【学芸部】

デイヴィッド・クレイ・ラージ著、高儀進訳『ベルリン・オリンピック1936 ナチの競技』(白水社・3850…

この記事は有料記事です。

残り3167文字(全文3410文字)

あわせて読みたい

注目の特集