封灯2500個、夏の平戸港を彩る 世界遺産3周年 長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ろうそくの火がゆらぐ約2500個の封灯。正面奥は平戸オランダ商館
ろうそくの火がゆらぐ約2500個の封灯。正面奥は平戸オランダ商館

 世界文化遺産の天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の一つ「平戸の聖地と集落」がある長崎県平戸市で22日夜、世界遺産登録3周年を祝うイベントがあった。ろうそくを紙袋で包んだ「封灯(ふうとう)」2500個に灯をともし、夏の平戸港を鮮やかに彩った。

 平戸の聖地と集落がある同市春日集落では2018年から毎秋、…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

あわせて読みたい

注目の特集