特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

大会最年少12歳「ベスト尽くせた」 内戦下シリアの卓球代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
卓球女子シングルス予選で、内戦下にあるシリアの代表として出場したヘンド・ザザ=2021年7月24日、AP
卓球女子シングルス予選で、内戦下にあるシリアの代表として出場したヘンド・ザザ=2021年7月24日、AP

 東京オリンピックの卓球女子シングルス予選で24日、内戦下にあるシリアの代表で今大会最年少のヘンド・ザザ(12)が出場した。五輪出場6回目となる39歳のベテラン、リュウ・ジャ(オーストリア)にストレート負けを喫したが、試合後は「ベストを尽くせた」と笑顔を見せた。

 出身地は中部ハマ県。かつて過激派組織「イスラム国」(IS)が支配下に置いていた地域だ。物心ついたときから内戦が始まっていた。父アブドゥルラウフさん(48)は「内戦の影響はなかった」と言うものの、練習場は頻繁に停電し、ラケットやボールを手に入れるのも難しかった。

 2歳のころ、卓球の大会で優勝する兄に憧れた。「女の子もできる?」と尋ねると、父や兄は喜んで練習場に連れて行ってくれた。「卓球は技だけでなく頭も使う。そこが楽しい」。練習に夢中になった。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文723文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集