特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

瀬戸大也、予選敗退にぼうぜん まさかの失速に「…残念です」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子400メートル個人メドレー予選でふるわず決勝進出を逃し、プールを後にする瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年7月24日、宮間俊樹撮影
男子400メートル個人メドレー予選でふるわず決勝進出を逃し、プールを後にする瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年7月24日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックの競泳が24日、東京アクアティクスセンターで始まった。男子400メートル個人メドレー予選で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=は4分10秒52の全体9位で予選敗退した。

 楽勝ムードの予選が一転したのは残り50メートルからだった。両隣のコースを泳ぐ4人に並ばれた瀬戸は、そのままズルズルと後退し、のみ込まれてしまった。レース後、しばらく電光掲示板を見つめた。予選敗退が決まると、ぼうぜんとした表情で「自分でも信じられない」と振り返った。まさかの失速には「自分の読みというか……残念です」。

 300メートル通過までは想定通りの展開だった。スタートの浮き上がりから先頭に立ち、レースを引っ張った。3種目めの得意の平泳ぎで2位に体一つ分の差をつけた。しかし、ここに落とし穴が待っていた。予選突破を確信し、「(最後の)自由形はもう流していた」と力を温存して泳ぎを緩めてしまった。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文807文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集