特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

種目別という決断 内村航平の生きる道は「間違っていなかった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子予選で自身の敗退が決まるも和やかな表情で話す内村航平(左)。右は北園丈琉=有明体操競技場で2021年7月24日、宮間俊樹撮影
男子予選で自身の敗退が決まるも和やかな表情で話す内村航平(左)。右は北園丈琉=有明体操競技場で2021年7月24日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピックは第2日の24日、体操の男子予選が有明体操競技場であり、種目別の鉄棒に個人枠で出場した内村航平選手(32)=ジョイカル=は落下が響いて13・866点にとどまり、決勝に進める上位8人に入れなかった。

 一つのミスが、勝負を決める。1種目だけで戦う種目別の厳しさがそこにあった。世界でも数人しかできないH難度の手放し技「ブレトシュナイダー」を冒頭でしっかりと成功させても、落下すれば全てが帳消しになる。

 内村は3日前の会場練習でも、同じ技で落下していた。まだ原因は分からない。内村にとって予選は鬼門だった。2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪でも、内村は予選の鉄棒で落下している。ただし、当時は6種目で争う個人総合での出場だった。鉄棒でミスがあっても他の5種目でカバーできるゆとりがあった。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文630文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集