言葉を忘れた認知症の父が、離れて暮らす息子に教えてくれたこと

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
69の誕生日を迎えたころの政昭さん(中央)。右は浅井勇希さん、左は母直子さん=2012年5月27日午後1時56分、浅井さん提供
69の誕生日を迎えたころの政昭さん(中央)。右は浅井勇希さん、左は母直子さん=2012年5月27日午後1時56分、浅井さん提供

 大分の父が認知症と診断されて4年。私は帰郷のたびに無力な自分と直面している。そんな中で一冊の本と出会った。「言葉を忘れた父の『ありがとう』」。筆者は滋賀県在住の弁護士、浅井勇希さん(42)。名古屋にいる父の政昭さんが認知症になり、寝たきりになって肺炎で亡くなるまでの8年間をつづっている。両親を案じ、ありのままを受け止めようとする姿は、今の私と重なった。離れていても、できることはあるかもしれない――。私たちの体験談が、同じ境遇にある人の一助となればうれしい。【安部拓輝】

この記事は有料記事です。

残り2615文字(全文2852文字)

あわせて読みたい

注目の特集