特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 栃木大会 きょう決勝 佐野日大VS作新学院 春と同カード、打撃戦か /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今大会16回を無失点と好投を続ける作新学院の林=宇都宮市西川田の県総合運動公園野球場で2021年7月23日、玉井滉大撮影
今大会16回を無失点と好投を続ける作新学院の林=宇都宮市西川田の県総合運動公園野球場で2021年7月23日、玉井滉大撮影

 第103回全国高校野球選手権栃木大会(県高野連など主催)は25日の決勝で、佐野日大と作新学院が対戦する。打撃戦となった春の県大会決勝と同じカードとなり、今回も点の取り合いが予想される。作新学院が中止の102回大会を挟み、大会10連覇を成し遂げるのか。佐野日大が11年ぶりに甲子園への切符をつかむのか。試合は県総合運動公園野球場で午前10時にプレーボールを迎える。

 春は両校合わせて26安打が飛び交う打撃戦を佐野日大が13―10で制した。佐野日大は最大11点のリードを作ったが、中盤以降は作新学院の追い上げに苦しんだ。佐野日大は今大会5試合で36得点を記録。作新学院も3回戦までは苦しい戦いが続いたが、準々決勝以降は2試合で16得点と徐々に調子を上げてきている。

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1217文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集