県立聾学校でバリアフリー演劇 障害あっても鑑賞できる 音響、照明 舞台裏も身近に /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
舞台照明や音響を調節する劇団員(手前)と、演劇を鑑賞する児童・生徒たち=前橋市で2021年7月16日午後1時54分、佐藤伸撮影
舞台照明や音響を調節する劇団員(手前)と、演劇を鑑賞する児童・生徒たち=前橋市で2021年7月16日午後1時54分、佐藤伸撮影

 東京都中野区の「東京演劇集団風」(柳瀬太一代表)が今月16日、前橋市の県立聾(ろう)学校(児童・生徒数74人)でバリアフリー演劇「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち」を公演した。子どもたちは音響や照明などの舞台装置に触れたり、劇団員と交流したりした後、演劇を鑑賞し、舞台芸術の魅力に触れた。【佐藤伸】

 同劇団は、「障害のある人もない人も、ともに楽しめる演劇」を理念に掲げ、2018年からバリアフリー演劇に取り組んでいる。障害のある子どもたちが演劇を鑑賞できるように脚本や演出、照明、音響など各分野の演出方法に手を加え、「ともに楽しめる舞台作り」に努めている。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文985文字)

あわせて読みたい

注目の特集