特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

県内でも競技始まる ボランティアら選手出迎え サッカー女子がキックオフ /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子サッカー選手らにエールを送る都市ボランティアと大野元裕知事(右端)=埼玉スタジアム前で2021年7月24日、平本絢子撮影
女子サッカー選手らにエールを送る都市ボランティアと大野元裕知事(右端)=埼玉スタジアム前で2021年7月24日、平本絢子撮影

 東京オリンピック第2日の24日、県内の会場でも競技が始まり、サッカー会場の埼玉スタジアム(さいたま市緑区)と射撃会場の自衛隊朝霞訓練場(朝霞市、新座市、和光市など)では、ボランティアらが会場入りする選手たちを小旗で歓迎した。25日にさいたまスーパーアリーナで開幕するバスケットボール、29日に霞ケ関CC(川越市、狭山市)で始まるゴルフも含めて、県内4競技はいずれも無観客で行われる。

 サッカー女子1次ラウンドの2試合が行われた埼玉スタジアムでは試合前、スタジアムを外から撮影する人の姿があった。近くに住む海沼真理子さん(34)は「ボランティアがたくさんいて、いよいよ始まると感じた。見に行けないのは残念だけど、テレビで観戦するのが楽しみ」。近所の40代女性は「ここはサッカーの街なので五輪は歓迎」としつつ「ここ数日いろんな人がいて、感染対策は不安」と語った。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文693文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集