特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 埼玉大会 ノーシード、川口4強 浦学、春日部共栄、昌平も /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【川口-山村学園】十一回表川口1死満塁、中込が走者一掃の二塁打を放ち勝ち越し=県営大宮公園野球場で2021年7月24日、橋本政明撮影
【川口-山村学園】十一回表川口1死満塁、中込が走者一掃の二塁打を放ち勝ち越し=県営大宮公園野球場で2021年7月24日、橋本政明撮影

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)は24日、2球場で準々決勝4試合が行われ、4強が出そろった。

 春の県大会優勝の浦和学院は、同大会8強の立教新座を2―0で降した。ノーシード校同士の対決となった川口と山村学園は、延長十一回の熱戦の末に川口が10―5で勝利した。春日部共栄は9―2で松山に快勝し、昌平は5―3で星野との接戦を制した。

 準決勝2試合は25日、いずれも県営大宮公園野球場であり、午前9時から浦和学院―春日部共栄、同11時半から昌平―川口の組み合わせで行われる。【大平明日香】

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文667文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集