特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 神奈川大会 横浜創学館が快勝 藤沢翔陵は不戦勝 4強出そろう /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜清陵-慶応】四回裏慶応2死一、三塁で今泉が適時打を放つ=保土ケ谷球場で2021年7月24日午前11時30分、宮島麻実撮影
【横浜清陵-慶応】四回裏慶応2死一、三塁で今泉が適時打を放つ=保土ケ谷球場で2021年7月24日午前11時30分、宮島麻実撮影

 第103回全国高校野球選手権神奈川大会(県高野連など主催)は24日、準々決勝があり、ベスト4が出そろった。横浜創学館は6回に一挙9得点を挙げて13―3の六回コールドで日大藤沢を降した。横浜、慶応もそれぞれコールド勝ちを収めた。今春の選抜大会を制した東海大相模が部員の新型コロナウイルス感染で出場を辞退し、藤沢翔陵が不戦勝となった。準決勝は26日、2球場で行われる。【牧野大輔、宮島麻実】

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1253文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集