大規模火災の対処、訓練 京都市消防局、京アニ事件受け旅館で /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
避難器具の使い方を消防署員(左)から教わる「京の宿 北海館 お花坊」の従業員ら=京都市下京区で、添島香苗撮影
避難器具の使い方を消防署員(左)から教わる「京の宿 北海館 お花坊」の従業員ら=京都市下京区で、添島香苗撮影

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで発生した放火殺人事件から18日で2年となるのに合わせ、京都市消防局は13日、下京区の旅館で避難訓練をした。事件を受けて策定した「火災から命を守る避難の指針」に基づき、大規模な火災への対処法を学ぶ目的。

 木造3階建ての旅館「京の宿 北海館 お花坊」で、従業員ら8人が参加した。煙が階段に充満し、避難に使えない場合を想定し、2階の窓か…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集