特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 愛媛大会 準々決勝 松山商、延長で勝利 新田もベスト4に /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【新田-宇和島東】八回表新田2死一、二塁、新納(右から2番目)の3点本塁打で突き放す=松山市の坊っちゃんスタジアムで、斉藤朋恵撮影
【新田-宇和島東】八回表新田2死一、二塁、新納(右から2番目)の3点本塁打で突き放す=松山市の坊っちゃんスタジアムで、斉藤朋恵撮影

 高校野球選手権愛媛大会は24日、準々決勝の2試合が坊っちゃんスタジアムであった。

 新田は終盤に宇和島東を突き放して勝利。松山商は延長戦で東温を降した。聖カタリナ学園、川之江と合わせ4強が出そろった。

 25日は休養日で、26日に準決勝2試合がある。【斉藤朋恵】

 新田は古和田の適時打などで初回に2点を先制。八回には新納が3点本塁打を放ち、勝負を決めた。宇和島東は相手を上回る9安打を重ねたが、好機であと1本が出なかった。

 松山商が粘り勝ち。同点の十回表、四球で走者を出すと犠打でつなぎ、丸山の適時打で勝ち越した。東温は今大会全4試合で完投の岩川が最少失点に抑えたが及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文711文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集