大葉とミツバ、食べよう 大分市の生産者 家庭での消費拡大へ、SNSでメニュー紹介 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大葉を使った太巻き寿司(右上)など4種類のメニューを試食する広瀬知事
大葉を使った太巻き寿司(右上)など4種類のメニューを試食する広瀬知事

 大分市の大葉とミツバの生産者が、新型コロナウイルスに伴い外食産業の需要が低迷する中、家庭料理での消費拡大につなげようと、SNS(ネット交流サービス)などを通じて手軽で見栄えのいい料理の紹介を続けている。【津島史人】

 県によると、県内の大葉の生産量は全国2位、ミツバの生産量が同6位と全国有数の生産地の一つ。ところが、2020年度の大葉の販売額は18年度…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集