台風8号接近 五輪競技影響 27日、東日本へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台風8号は24日、南鳥島近海を北上した。27日ごろに東北から東海の太平洋側に接近・上陸する見込み。東京を直撃する可能性もある。ボートの競技日程が変更になるなど東京オリンピックに影響が出始めた。大型で強い台風6号は沖縄から離れて東シナ海を進んだが、広範囲で暴風や雨、高波が続いた。沖縄県によると、県内で6人がけがをした。

 気象庁によると、台風8号は24日午後3時現在、南鳥島近海を時速約15キロで北北東に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心の南東側600キロ以内と北西側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文437文字)

あわせて読みたい

注目の特集