宇宙の窓口、長野・佐久 日本一の巨大アンテナ2基、望遠鏡で観測

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
4月に運用が始まった美笹深宇宙探査用地上局=長野県佐久市前山で2021年7月9日午前9時14分、坂根真理撮影
4月に運用が始まった美笹深宇宙探査用地上局=長野県佐久市前山で2021年7月9日午前9時14分、坂根真理撮影

 長野県佐久市は「宇宙の町」でもある。市内にあるJAXA(宇宙航空研究開発機構)臼田宇宙空間観測所に、探査機「はやぶさ2」などと交信する国内唯一の大型パラボラアンテナが2基もあるからだ。その魅力を知りたいと、市内各地の宇宙関連の場所を訪ねた。【坂根真理】

 今年4月、JAXAが開設した「美笹深宇宙探査用地上局」で新アンテナの運用が始まった。口径は約54メートルと巨大サイズ。同観測所にあるアンテナ(口径約64メートル)が老朽化したため、後継として建設された。「はやぶさ2」と交信するなどのミッションを果たす重要な役割を担う。佐久市に設置されたのは、標高が高く、探査機からの微弱な信号を受信しやす…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文744文字)

あわせて読みたい

注目の特集