特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

厳戒下の祭典で

カラオケ、居酒屋…厳戒下も変わらぬ渋谷の景色 宮下公園で見た希望

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
午後8時を過ぎ、大型ビジョンなどが消灯したあとも東京・渋谷のスクランブル交差点を行き交う多くの人たち=2021年7月24日午後8時6分、幾島健太郎撮影
午後8時を過ぎ、大型ビジョンなどが消灯したあとも東京・渋谷のスクランブル交差点を行き交う多くの人たち=2021年7月24日午後8時6分、幾島健太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染が収まらない中、東京オリンピックの競技が本格化した。国際的な祭典の舞台となり、選手らが躍動する東京。その街では一般の人たちが外出自粛を求められている。若者が集い、さまざまな思いが交錯する渋谷を歩いた。

 「緊急事態宣言発令中です」。24日午前、スクランブル交差点の大型画面には不要不急の外出自粛を求めるテロップが流れていた。

 都内の店は酒類の提供を終日控えるよう要請されている。だが、昼過ぎに居酒屋をのぞくと生ビールをあおる客の姿があった。

 うだるような暑さでも多くの人が渋谷駅前の広場にいた。待ち合わせをしていた千葉県白井市の男子大学生(20)は「コロナによるドタバタや相次ぐ炎上で関心が薄れた」と五輪に冷ややかな目を向ける。無観客決定でボランティアの機会がなくなったという東京都練馬区の女性公務員(67)は「始まったからには選手をしっかり応援したい」と話した。

 24日、都内の感染者は5日連続で1000人を超えたが、夕方になっても人出は減らない。センター街のビルを警備する男性(62)は「居酒屋もやっているし、マスクをしない人もいる。危機意識が全くない」と眉をひそめる。「街に立っていても五輪ムードは感じない」と同僚の男性(56)が付け加えた。

 午後6時前、駅では「緊急事態宣言を解除せよ」などと書かれた手旗を持った人たちが太鼓をたたきながら、主張を呼びかけている。そこから近い宮下公園のスケートボード場には…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1553文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集