特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

酷暑五輪に海外選手ら悲鳴 「今までで最悪」の訴えに対策は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
試合中に汗をぬぐうノバク・ジョコビッチ=24日、AP
試合中に汗をぬぐうノバク・ジョコビッチ=24日、AP

 東京オリンピックで懸念されてきた猛暑に対し、選手から不満の声が上がり始めている。最高気温が30度を超える真夏日が続く中でプレーした選手は「信じられない暑さだ」と驚き、競技時間の変更も提案。「酷暑五輪」に対応しようと、特別にルールを設けた競技もある。

 「今までで最悪の暑さだ。でも、私はプレーしなくてはならない。(日本に来たのは)暑さに泣くためではなく、メダルを取るためだから」

 東京都江東区の有明テニスの森公園で24日に行われたテニスの男子シングルス1回戦後、世界ランキング2位でROC(ロシア・オリンピック委員会)のダニル・メドベージェフ選手(25)は、不満をあらわにした。気象庁によると、会場周辺の気温は午前10時時点で30度を記録。試合が始まった正午ごろには、センターコートは激しい暑さに見舞われた。メドベージェフ選手はストレート勝ちした試合内容に関するコメントもそこそこに、こう提案した。「試合は午後6時に行われるべきだろう。私はその時間に練習している」

IOCは「先手先手でアプローチ」?

 この動きに賛同したのが世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(34)=セルビア=だ。同じセンターコートでメドベージェフ選手の後に試合を終えると、「ハードコートが熱を吸収し、(暑さが)こもってしまう」と指摘。…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1373文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集