連載

没後200年・伊能忠敬を歩く

2018年は伊能忠敬が没して200年。ゆかりの地を記者が訪ねました。

連載一覧

没後200年・伊能忠敬を歩く

/35 「伊能図」巡るシンポと講演 作製手法や材質、科学的知見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊能忠敬ゆかりの佐原で開催されたシンポジウム「伊能図の魅力を科学する!」=千葉県香取市で
伊能忠敬ゆかりの佐原で開催されたシンポジウム「伊能図の魅力を科学する!」=千葉県香取市で

 伊能忠敬とその測量隊による「大日本沿海輿地(よち)全図」が江戸幕府に上程され今年で200年。その日付が文政4年7月10日(1821年8月7日)だったこともあり、今月、伊能図を巡るシンポジウムと講演会が相次いで開かれた。

 「伊能図の魅力を科学する!」と題されたシンポジウムが開かれたのは、忠敬が事業家として活躍した千葉県香取市の佐原の地。17日午後、同市佐原文化会館と特別展「伊能忠敬」を開催中の神戸市立博物館をオンラインで結び、最新の研究成果が発表された。

 シンポの核となったのが、徳島大の平井松午名誉教授が率いる「伊能図の成立過程に関する学際的研究」。主に最終版の完成前の伊能図をもとに、作製や編集の過程に迫ろうという試みだ。大谷亮吉著『伊能忠敬』(1917年)、そして保柳睦美編著『伊能忠敬の科学的業績』(74年)という伊能研究のバイブル2冊が刊行されて以降、地図学的な側面にあまり光が当てられていなかった中、貴重な取り組みといえる。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1717文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集