特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪記者・内幕リポート

招致トップの竹田・猪瀬・安倍・森氏…そして誰もいなくなった 政治家関与、ゆがみ露呈

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「ブエノスアイレスのプレゼンテーションの壇上にいたメンバーはほとんどいなかったな」。五輪招致から関わる大会関係者は国立競技場(東京都新宿区)での開会式から一夜明けた24日、そうつぶやいた。

 大会組織委員会は「個別の事案についてはお答えすることは差し控えたい」と回答したが、東京オリンピックの4人の旗振り役で開会式に出席したのは、組織委の森喜朗前会長(84)のみだったと見られる。森氏は「視察」として21日には福島県営あづま球場に足を運んだ。組織委関係者は「森前会長は功労者。お世話になった地元自治体への思いもある」と説明する。

 残る3人は、安倍晋三前首相(66)、東京都の猪瀬直樹元知事(74)、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和前会長(73)。このなかで、安倍氏が開会式に出席しないことが報じられると、SNS(ネット交流サービス)では「逃げ出すのか」と批判が相次いだ。首相在任時、「新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形で実施する」と語っていたからだ。

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1788文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集