「旅は県内」秋田は1位 20年度調査 前年度比増加幅 「プレミアム宿泊券」奏功 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旅行に関するリクルートグループの調査機関「じゃらんリサーチセンター」が実施した2020年度宿泊旅行調査で、住んでいる都道府県内で旅行する「県内旅行率」の増加幅が秋田県が全国1位、岩手県が2位になった。新型コロナウイルスの影響で、県境を越えずに地元周辺を観光する「マイクロツーリズム」が進んだことが要因とみられる。【安藤いく子】

 調査は4月にインターネットで実施し、20年4月~21年3月の国内旅行の実態などを尋ねた。居住地別の県内旅行率は、1位が北海道76・7%で、2位秋田61・0%、3位岩手59・5%と続いた。コロナ禍前の19年度と比較した増加幅では、1位秋田54・9ポイント増▽2位岩手42・5ポイント増▽3位鹿児島35・3ポイント増――になった。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文958文字)

あわせて読みたい

注目の特集