特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 群馬大会 前橋育英VS健大高崎 あす決勝 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【太田-前橋育英】三回表太田1死一、二塁、一走・糸井達輝(右)を前橋育英の井上陽太が二塁でタッチアウト=前橋市の上毛新聞敷島球場で2021年7月25日、川地隆史撮影
【太田-前橋育英】三回表太田1死一、二塁、一走・糸井達輝(右)を前橋育英の井上陽太が二塁でタッチアウト=前橋市の上毛新聞敷島球場で2021年7月25日、川地隆史撮影

 第103回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連、朝日新聞前橋総局主催、毎日新聞前橋支局など後援)は25日、上毛新聞敷島球場で準決勝2試合があり、前橋育英と健大高崎が決勝に駒を進めた。両校の決勝での対戦は2018年以来で、前橋育英は中止になった前回大会を除いて5大会連続6回目、健大高崎は6年ぶり4回目の甲子園出場を狙う。前橋育英は二回に勝ち越し太田を4―1で降した。健大高崎は六回に小沢周平(3年)の本塁打などで一挙6点を取り、利根商に9―1でコールド勝ちした。決勝は27日に上毛新聞敷島球場で行われる。【川地隆史、妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2029文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集