• Twitter
  • Facebook
SCROLL
松山英樹、

強さのすべて
栄光への軌跡

 松山英樹、29歳。
 2021年4月、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGCで行われたマスターズ・トーナメントを制し、日本男子で初めてメジャー大会優勝の栄冠を勝ち取ったゴルファーだ。
 120年以上の歴史を持つ日本ゴルフ界で、かつて全盛を誇ったAON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)でさえ上ることができなかった世界の頂点に、松山は10年の歳月をかけて駆け上がった。
 57年ぶりに東京に戻ってくるオリンピックには、前回の東京五輪では競技種目になかったゴルフが加わった。メジャー王者として挑む松山にとって、目指すのはもちろん、頂点で輝く金メダルだ。 文・和田崇

日本オープン選手権で3位に入り、ローアマチュアに輝いた=2010年10月17日、竹内幹撮影

CHAPTER 1
最強アマと呼ばれて

細身から繰り出す
攻撃的なゴルフ

 松山が一躍、ゴルフ界の表舞台に登場したのは2010年10月。マスターズへの招待がかかるアジア・アマチュア選手権を制し、翌年のマスターズ出場を決めた時だった。翌週に行われた国内メジャー・日本オープン選手権でも並み居る強豪プロたちを押しのけて3位に入り、ローアマチュアを獲得。私が松山の姿を目にしたのは、この時が初めてだった。
 当時は180センチの長身ながら、体の線の細さが際立っていた。それでも長い手足と細身の体を目いっぱい使ったフルスイングで、少しでも遠くにボールを飛ばそうとする姿が印象的だった。そのプレーぶりは荒々しく、リスクを回避しながらコース攻略を目指すプロたちに交じり、どんな状況からでもピンを狙っていく攻撃的なゴルフは新鮮でもあり、驚きでもあった。

マスターズでローアマチュアを獲得=2011年4月10日、AP

初出場のマスターズで
「ローアマ」

 11年4月、日本のアマチュアとして初めて出場したマスターズで27位に入り、ローアマチュアを獲得。この時、松山はマスターズ制覇に向けて第一歩を踏み出した。
 同年11月には三井住友VISAマスターズを制覇し、アマチュアでは倉本昌弘、石川遼に続く史上3人目の国内ツアー優勝を果たす。翌12年には世界アマチュアランキングで日本勢初の1位を獲得するなど、名実ともに「最強アマ」の称号を手にした。

CHAPTER 2
プロデビューから賞金王へ

2度目のマスターズでみせた涙

 「メジャーで勝ちたい。勝てるプロになりたい」
 2013年4月、松山はプロゴルファーへの転向を表明した。すでに実績ではプロをしのぐ活躍を見せていたが、当時はまだ東北福祉大の4年生。大学卒業を待たずにプロ転向を急いだ背景には、松山の中で膨らむ「マスターズ」の存在があった。

マスターズで2年連続で予選通過した松山英樹=2012年4月6日、AP

 11年にアジア・アマチュア選手権を連覇し、12年に2度目のマスターズに招待された。翌年のマスターズ出場権が得られるトップ16(現在は12位に変更)を目標に定め、実現可能な位置からスタートした最終日。パットに苦しみ、80をたたいて54位に沈んだ。
 ホールアウト後の取材に「自分がふがいない……」と声を絞り出した。大粒の涙をこぼしながら「ちょっと、すみません」と、報道陣の質問を遮るようにクラブハウスへと消えた。いつもの自信にあふれた受け答えをする松山の姿はそこにはなく、初めて見せた涙に現場にいた私も困惑した。
 「ゴルフの祭典」と呼ばれるマスターズにはこれまで多くの日本のプロが招待されてきた。成績に関わらず「出られるだけで光栄」「いい思い出ができた」と満足するゴルファーがどれだけいたことか。しかし、松山は違った。涙を流して悔しがる姿に、誰よりも執念と向上心を持ったゴルファーだと感じた。
 その後、世界アマチュアランキング1位になりながらもアジア・アマチュア選手権3連覇を逃し、マスターズ出場への道が断たれると、松山の決意は固まった。
 「今度はプロとしてマスターズに出る」

 プロデビューした13年は、どとうの活躍を見せた。プロ初戦こそ10位で終えたが、2戦目のつるやオープン最終日、終盤4連続バーディーの勝負強さでプロ初勝利を飾った。
 プロ1年目の日本ツアーでの成績は13戦4勝、ほかにベスト10入り6回。獲得賞金も1億5000万円を超え、ツアー史上初のルーキーイヤー賞金王も獲得。その活躍ぶりは衝撃だった。マスターズこそ出場を逃したものの、メジャー大会でも全米オープン10位、全英オープン6位、全米プロ選手権19位と上位に食い込み、翌年の米ツアー出場権を獲得。「来年は米ツアーに挑戦します」と高らかに宣言した。

獲得賞金額 米ツアー賞金総額 43億8300万円
CHAPTER 3
米ツアー挑戦

参戦1年目で優勝

 2014年から松山が本格参戦している米ツアーは、世界最高峰とも呼ばれる。優勝賞金が1億円を超える大会規模はもちろん、世界ランキング上位者のほとんどが主戦場とし、世界トップの技術を競い合うためだ。

米ツアー初優勝を果たし、ジャック・ニクラス(右)と記念写真に納まる松山=2014年6月1日、AP

 そんな群雄割拠の戦いの中、松山は本格参戦1年目にして初勝利を挙げた。6月のメモリアル・トーナメント。メジャー通算18勝を誇る帝王ジャック・ニクラス(米国)が主催する大会をプレーオフで制し、青木功、丸山茂樹、今田竜二に続く日本勢4人目の米ツアー制覇を果たした。
 16年は2月のフェニックス・オープンで2勝目を飾ると、10月に中国・上海でのHSBCチャンピオンズで3勝目を挙げ、メジャー大会に次ぐ格を持つ世界ゴルフ選手権初優勝。17年にはフェニックス・オープンを連覇し4勝目。同年8月の世界ゴルフ選手権・ブリヂストン招待で5勝目を達成し、世界ランキングも日本勢最高の2位まで上昇した。

タイガー・ウッズ(右)主催の大会で初優勝し、握手する松山英樹=2016年12月4日、AP

 そんな活躍の中、ひときわ目を引くのが米ツアー最終戦「ツアー選手権」への7年連続出場だ。07年からスタートしたプレーオフ制度により、シーズン終了後にポイント獲得上位者によるプレーオフシリーズ4試合が行われ、最終戦に出場するには上位30人に残らなければならない。ツアー選手権7年連続出場は、松山を含めて過去5人しかいない。つまり、松山は米ツアー本格参戦以来、ずっと上位30位以内に居続けているのだ。

松山秀樹のメジャー成績一覧
CHAPTER 4
こだわりを支えて

ミリ単位の調整に応える「チーム松山」

 松山のゴルフを支えているのが、圧倒的な練習量と研ぎ澄まされた感性だ。特に使用するゴルフクラブへの知識とこだわりは、クラブの調整にあたる担当者が驚くほど。米クリーブランドゴルフのプロ担当で、「チーム松山」の一員でもある宮野敏一さんは言う。
 「松山プロほど道具へのこだわりが強いプロは、そうはいない」

宮野敏一さん

 長年クラフトマンとして青木功や尾崎将司らトッププロにクラブを提供してきた宮野さんが驚くほど、松山のクラブへの要求は厳しい。とりわけクラブの顔ともいえるヘッドの見え方に関しては、少しでも違和感があれば試し打ちすらしない。希望通りのヘッドを手にしても、上からペンでシルバーの線を何度も書き込み、ミリ単位で化粧を施し調整を続けている。

「自分が一番」変えたコーチとの出会い

 今年から松山をサポートする目沢秀憲コーチの存在も、松山のこだわりに一役買った。デビュー以来、誰一人専属のコーチを付けずにスイングを作り上げてきた松山にとっては豊富な練習量が支えだった。ラウンド後も、日暮れまで練習場に残ってボールを打ち続ける松山の姿を「クレージーだ」とやゆするツアー仲間も少なくない。ただ、松山は誰よりもボールを打ち込むこ とで作り上げたスイングに絶対的な自信を持っていた。「自分のことは、自分が一番よく分かっている」。周囲から助言を受けても、「これまでは自分一人でやってきて、自分が正しいと思い過ぎていた」と松山は振り返る。

 2018年シーズンから3年間、勝利から遠ざかり、迷い始めていた時に出会ったのが目沢コーチだ。20年秋、自分にない考え方や気づきを指摘されたことで、初めてコーチ契約を結ぶ決断をした。
 「今は客観的な目を持ってもらい、正しい方向に進んでいると思う」
 周囲のプロ集団が松山の快進撃を支えている。

CHAPTER 5
スイング解説

スイング中に「三角形」キープ

 ツアーコーチで2007年関西オープンゴルフ選手権優勝の山本幸路プロ(46)が松山英樹のスイングを解説する。

山本幸路プロ

 世界最高峰の米ツアーでも指折りのアイアンショットのキレ味を持つ松山英樹選手。正確無比なショットを支えているのが、まるで腕の間にボールを挟んでクラブを振っているのかと思わせるほど、スイング中の両肘の間隔が変わらない点です。この肩と両腕を結んだ三角形をキープしている時間の長さが、大きなスイングアーク、長いインパクトゾーンを生み出しています。

 さらに微動だにしない頭の位置、鍛え上げられた脚力、特にハムストリングス(太ももの裏の筋肉)で股関節をコントロールすることで、再現性の高いインパクトとスイングを実現しています。

 今年、目沢秀憲コーチを帯同し始めてからスイングで大きく変わったポイントは、(トップのポジションでクラブが飛球線よりも左の方向を指す)レイドオフが減ったことと、スイングテンポがやや速くなったことでしょう。レイドオフが少なくなった分、松山選手がストレスに感じていた右に押し出すミスショットが減り、ボールがつかまる感覚を本人は感じているようです。またテンポが速くなったことでバックスイングからダウンスイングへの移行がスムーズになり、ダウンスイングでのクラブ軌道の安定につながっています。

平均飛距離
CHAPTER 6
マスターズ制覇、そして

歴史の扉開いたグリーンジャケット

 「これを着られる日本人は初めて。そのことがすごくうれしい」

 初めて首位で迎えたメジャー最終日。松山は何度も優勝争いを繰り広げてきたが、この日はいつもと違った。
 「早く目が覚めて、なかなか寝付けなかった。緊張しっ放しだった」。オーガスタの1番ティーに立ったその表情はこわばっていた。3番ウッドで放った第1打は大きく右に曲がり、林の中へ。ボギー発進となった。
 だが、パー5の2番でバーディーを奪い、失った1打をすぐさま取り戻した。極度の緊張と重圧の中でも、松山の生命線とも言えるアイアンショットはいつものようにさえていた。落ち着きを取り戻すと「ミスを受け入れていこう」と安全運転を心掛けた。8、9番と連続バーディーを奪い、2位に5打差をつけて折り返し独走状態に入ったかに見えた。

 本当の優勝争いはサンデー・バックナイン(最終日の残り9ホール)に待っていた。誰もが天に祈りたくなると名付けられた、難関の11、12、13番の「アーメンコーナー」こそ切り抜けたが、15番パー5で2オンを狙った第2打がグリーンを大きくオーバーし奥の池に。続く16番も連続ボギーをたたき、残り4ホールで3オーバー。苦しんだが、2位にわずか1打差でウイニングパットを沈めた。「最後はかっこ悪かった」と振り返った松山だったが、歴史の扉をこじ開けた瞬間だった。

 今季はそれまで一度もトップ10に入れず、「(優勝の)期待はしていなかった」というが、開幕前日の練習中に覚えたショットの好感触が勝利への道しるべとなった。「いけるかもしれない。どうしてかは分からないけれど、そんな自信が浮かんできた」と明かした。

 4歳でゴルフを始めた時から追い続けてきた夢を現実へと変えた。「テレビを見ている子どもたちが、僕みたいになりたいと思ってくれたらうれしい。5年後、10年後にこの舞台に立って、その子たちと優勝を争うことができたらすごく幸せ」。そんな松山の言葉には、名実ともにメジャー王者の風格が漂っていた。

世界ランキング(位)
松山英樹の軌跡
PROFILE
プロフィル

まつやま・ひでき 松山市出身。高知・明徳義塾高、東北福祉大卒。2008年全国高校選手権で優勝。11年、初出場したマスターズで27位となり、日本勢初のローアマチュアを獲得した。11年11月には日本ツアー史上3人目のアマ優勝。13年4月、プロに転向し、史上初のルーキーでの日本ツアー賞金王に輝いた。翌14年から米ツアーに主戦場を移し、同年6月に初優勝。21年4月、10回目の挑戦でマスターズを制し、日本男子初のメジャー大会制覇を達成した。米ツアー通算6勝。29歳。

※写真は、佐々木順一・竹内幹・藤井達也・三浦博之・APなど撮影、住友ゴム工業提供

PAGETOP