チュニジア大統領が議会停止 政府批判のデモ拡大で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
チュニジアの首都チュニスで、政府の新型コロナウイルス対応に抗議するデモの参加者ら=2021年7月25日、ゲッティ共同
チュニジアの首都チュニスで、政府の新型コロナウイルス対応に抗議するデモの参加者ら=2021年7月25日、ゲッティ共同

 北アフリカ・チュニジアのサイード大統領は25日、政府の新型コロナウイルス対応を批判するデモの拡大を受け、国民代表議会の30日間の停止とメシシ首相の解任を決めたと宣言した。サイード氏が一時的に行政権を行使する。国営TAP通信が伝えた。議会勢力と大統領側の間で緊張が高まる可能性がある。

 独裁政権を崩壊させた2011年の「ジャ…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文335文字)

あわせて読みたい

注目の特集