特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

温対計画の素案公表 CO2排出量、家庭では13年度比66%減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 環境省と経済産業省は26日、中長期の気候変動対策の基本となる新たな「地球温暖化対策計画」(温対計画)の素案を公表した。2030年度までに温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する目標の達成に向け、電気やガスなどエネルギー使用に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を家庭部門で同比66%減、工場などの産業部門で37%減と大幅に削減する必要があり、暮らしやビジネスへの影響は必至だ。

 現行の温対計画は「30年度までに13年度比26%減」という15年決定の目標を前提にしたもので、改定は5年ぶり。今秋にも閣議決定する。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文925文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集