特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

屋内でなぜ? 水谷隼の「叫んでもズレない」サングラスの秘密

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
混合ダブルスで伊藤美誠(右)と組む水谷隼。特徴的なサングラスを着用している=東京体育館で2021年7月24日、大西岳彦撮影
混合ダブルスで伊藤美誠(右)と組む水谷隼。特徴的なサングラスを着用している=東京体育館で2021年7月24日、大西岳彦撮影

 東京オリンピックの卓球混合ダブルスで伊藤美誠(20)=スターツ=とのペアで金メダルを獲得した水谷隼(32)=木下グループ=は、プレーだけでなく目元にも注目が集まっている。屋内競技では珍しくサングラスを着用する理由やその機能を、メーカーに聞いてみた。

 水谷が着用するサングラス「SWANS(スワンズ)」ブランドを展開する山本光学(大阪府)によると、水谷から「屋内LED照明のまぶしさを抑えたい」との相談を受けて開発に着手し、水谷は1年ほど前から着用しているという。

 同社は光の波長を調整する技術を活用し、「見たい対象物はくっきりと映し、まぶしい光は抑える」ことを目指してレンズを開発した。2012年ロンドン五輪アーチェリー男子個人の銀メダリストで、東京五輪でも男子団体で銅メダルに輝いた古川高晴(36)=近大職=も、70メートル離れた的の中心が見やすくなるよう、同じ技術を生かしたサングラスを着用している。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文691文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集