特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

12歳差「幼なじみ」が世界一の「兄妹」に 水谷・美誠ペア金メダル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
混合ダブルスで中国ペアを破って金メダルを獲得した水谷隼(右)、伊藤美誠組=東京体育館で2021年7月26日、大西岳彦撮影
混合ダブルスで中国ペアを破って金メダルを獲得した水谷隼(右)、伊藤美誠組=東京体育館で2021年7月26日、大西岳彦撮影

 東京オリンピック第4日は26日、卓球の新種目の混合ダブルスが東京体育館であり、第2シードの水谷隼(木下グループ)伊藤美誠(スターツ)組が決勝で第1シードの許昕、劉詩雯組(中国)を破り、日本卓球界初の金メダルに輝いた。

 最強の壁として立ちはだかる世界王者に、一歩も引かない。最終ゲーム10―6で迎えたマッチポイント、伊藤のサーブを相手男子選手が返せずネットにかけると、伊藤と水谷は両腕を突き上げて抱き合った。本格的にペアを組んで2年、逆転勝利には信頼感を高めてきたペアの神髄が詰まっていた。

 同郷で育った頼りになる近所の「お兄ちゃん」と奔放な「妹」。どこにでもありそうなほほえましい幼なじみの風景がひと味違うのは、成長して五輪で日本を代表するペアになったこと。静岡県磐田市の同じ卓球少年団で育まれ、一緒に遊んだ12歳差の2人には互いを知る強みがある。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文978文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集