特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

特集ワイド

五輪の夏・考/2 バスケの現実、漫画超える=浜中慎哉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピックの対スペイン戦。第2クオーター、ドリブルで攻め上がる八村塁選手(右)=さいたまスーパーアリーナで26日、宮武祐希撮影
東京オリンピックの対スペイン戦。第2クオーター、ドリブルで攻め上がる八村塁選手(右)=さいたまスーパーアリーナで26日、宮武祐希撮影

 東京オリンピックで45年ぶりに五輪の舞台に立ったバスケットボール男子日本代表に、興奮が収まらない。コロナ下の開催に不安は消えず、安全軽視で無責任な国際オリンピック委員会(IOC)のやり口は批判されて当然だ。それでもあえて告白する。小学生の頃からバスケに熱中した私にとって、生まれて初めて見る「日本が世界と戦う五輪」なのだ。誰かとバスケ談議がしたくなり、ある漫画家を訪ねることにした。

 その漫画は1989年に月刊少年マガジンで連載が始まり、現在は第4部が連載中の「DEAR BOYS」(講談社)。作者の八神ひろきさん(54)は30年以上もバスケ漫画を描き続けている人だ。舞台は高校バスケ部。バスケ漫画と聞けば、90~96年に週刊少年ジャンプで連載された井上雄彦さんの「SLAM DUNK」(集英社)を思い浮かべる人もいるだろうが、「DEAR BOYS」のほうが歴史は古い。累計発行部数…

この記事は有料記事です。

残り2561文字(全文2953文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集