連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

イ・ジョンピル監督 韓国映画「サムジンカンパニー 1995」 底辺の人々、連帯し勝利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公開中の韓国映画「サムジンカンパニー 1995」は、1995年のソウルを舞台に、大企業の高卒女性社員が活躍する社会派コメディー。イ・ジョンピル監督は「映画を見て前向きになって」と話す。

 主人公の3人は、サムジン社に勤める同期の社員。能力は高いのに、会社は学歴偏重で大卒社員の補助的役割しか与えられず、男性上位で出世は望めない。「TOEIC600点で昇格」との制度に発奮し、英語教室に通い始めた。

 一方3人は、自社工場が化学物質を垂れ流しているのを止めようと働きかける。実はその裏に、会社乗っ取り計画が進んでいた――と、当時の社会情勢をてんこ盛りにした物語。イ監督は、実際の出来事を組み合わせたという。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文814文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集