石ノ森萬画館、開館20周年 高校時代の貴重な肉筆 アニメ化作品の原画も展示 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石ノ森萬画館20周年を記念し、石ノ森作品のアニメ化を多く手がける紺野直幸さん描き下ろしのイラスト前で記念写真が撮れるスポット=同館で2021年7月23日、百武信幸撮影
石ノ森萬画館20周年を記念し、石ノ森作品のアニメ化を多く手がける紺野直幸さん描き下ろしのイラスト前で記念写真が撮れるスポット=同館で2021年7月23日、百武信幸撮影

 開館20周年を迎えた石巻市の石ノ森萬画館で、特別企画展「石ノ森章太郎 マンガとアニメ展」が開かれている。同市の複合文化施設「マルホンまきあーとテラス」で開催中の「アニメージュとジブリ展 石巻展」と連動した企画で、アニメ化された石ノ森作品を貴重な原画などで振り返る。9月20日まで。

 1978年に創刊した日本初の本格的なアニメ専門誌「アニメージュ」は、「風の谷のナウシカ」の映画化を後押しするなど、…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集