特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪 柔道・大野金 次は3連覇!! “一本”貫いた天理柔道 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「さかえ食堂」で大野選手の金メダル獲得を喜ぶ寺井芳信さん(右)、妻栄子さん(左)ら=天理市の同食堂で、田中なつみ撮影
「さかえ食堂」で大野選手の金メダル獲得を喜ぶ寺井芳信さん(右)、妻栄子さん(左)ら=天理市の同食堂で、田中なつみ撮影

 東京オリンピックの柔道73キロ級で26日、県ゆかりの大野将平選手(29)=旭化成=が金メダルを獲得した。2016年のリオデジャネイロ五輪に続く2連覇。天理大(天理市)卒業後も母校を拠点に練習を続け、「正しく組んで一本を取る」が理念の“天理柔道”を貫いた。【田中なつみ】

「全く心配せず」

 天理大柔道部の穴井隆将監督(36)は、リオ五輪時から「集中」「執念」「我慢」の三つの言葉を繰り返し大野選手に伝えてきた。集中を切らさず執念でチャンスを待ち、厳しい試合展開にも我慢強く耐え抜け、との教えだ。大野選手はその教えに従い、上級者がおろそかにしがちな投げ込みなどの基礎稽古(けいこ)を怠らず、基本に忠実に鍛錬に励んできた。

 穴井監督によると、リオ五輪では金メダルまでの道のりに不安を感じさせる部分もあったが、「今回は全く心配がなかった」という。何事にも動じない精神力はリオ五輪後一層強くなったといい、「勝ちたい」「勝たなければ」という欲を捨て、「自分が求める柔道とは何なのか」を突き詰めるようになったという。そんな大野選手の姿に、「連覇を目指している人にしか見えない世界があったのだと思う」と穴井監督は語る。

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1540文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集