特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 豊島将之竜王ー佐藤天彦九段 第3局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

豊島の決め手は

 双方の残り時間が1時間を切ると対局室はピリピリとした緊迫感に包まれるものだが、本局はそれが穏やかだ。形勢に差が付き、終局への手続きを双方が進めているという雰囲気である。その証しというか、両者ともにほとんどマスクを外さずに指している。これが僅差の終盤であれば、双方ともにマスクを外し脳内に目いっぱいの酸素を送り込みゴール前最後の直線で自らに鞭(むち)を入れ全力疾走していることだろう。ただ将棋は逆転のゲームでもあり、集中力を切らせることはできない。

 後手にとって目障りなと金に[後]6二歩と働きかけた図から、豊島は[先]5三とと寄った。[後]同金に[先]同桂成[後]同角成と進んで馬を引き付けることができれば後手も粘りがいが出てきそうだが、豊島は[後]同金に[先]7五歩と角の利きを遮断して後手に粘る手段を与えない。と金は取られたが後手の守りの金を上ずらせて[先]3一飛と迫る。[後]5二玉と逃げた手に対し、豊島は[先]4六銀と上がってもう一方の角…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文793文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集