特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

第4日 スケートボード 女子ストリート もみじ、夏空に輝く 西矢が金、中山は銅 「最年少。うれしい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スケートボード女子ストリート決勝、4回目のトリックで高得点をたたき出し笑顔を見せる西矢椛=宮間俊樹撮影
スケートボード女子ストリート決勝、4回目のトリックで高得点をたたき出し笑顔を見せる西矢椛=宮間俊樹撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

「パリでも」連覇宣言も

 最終5回目のベストトリック。優勝候補の一人だったブラジル選手が着地に失敗したことで、金メダル争いは西矢と中山の一騎打ちとなった。

 先に滑った西矢は着実に技を決めて首位を保った。演技順最後の中山が大技を決めれば逆転もありうる場面だ。「乗ってほしいけど、乗らないでほしい」。もともと顔見知りで試合中は互いに励まし合っていただけに、西矢には複雑な思いがあったという。しかし中山の技は失敗に終わり、日本選手として史上最年少での金メダルが確定した。

 試合直後にうれし涙を流したが、すぐにトレードマークの笑顔を取り戻した。「初めての五輪で史上最年少。うれしい。世界で知らない人がいないくらい有名になりたい」と喜びを語った。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文990文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集