特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

第4日 体操 新生ニッポン、輝く銀 男子団体、0.103点届かず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
体操男子団体決勝、橋本大輝の床運動=久保玲撮影
体操男子団体決勝、橋本大輝の床運動=久保玲撮影

 0・103点。わずかに届かなかった。最終種目の鉄棒で、19歳のエース・橋本が伸身新月面宙返りからの着地を完璧に決めると、関係者だけの会場が大きく沸いた。やりきった。万感のガッツポーズの後、得点を待たずに仲間と抱き合った。日本は中国を逆転して2位となったが、ROC(ロシア・オリンピック委員会)には届かなかった。橋本の瞳がわずかにうるんだ。「この0・103点はすごく重みがある」。今後の飛躍を誓った。

 平均年齢21・5歳。リオデジャネイロ五輪の24・2歳よりも3歳近くも若返った。橋本、チーム最年少18歳の北園の10代コンビがチームを引っ張り、4人全員が五輪初出場だ。これまで大黒柱であり続けてきた内村航平(ジョイカル)は言う。「彼らが主役だ」

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文996文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集