特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

最年少金・スケボー西矢 小さな13歳、大輪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京オリンピックは26日、スケートボード女子ストリート決勝で、大阪府出身の中学2年生、西矢椛(もみじ)選手(13)=ムラサキスポーツ=が金メダル、富山県出身の高校1年生、中山楓奈(ふうな)選手(16)=同=が銅メダルをそれぞれ獲得した。若い世代の快挙に、地元は喜びに沸いた。

 この日の決勝。西矢選手は、大技を決めてベンチに駆け戻る中山選手を笑顔で出迎えた。2人は友達であり、良きライバルだという。「演技の合間に2人で『ラスカル』の話をした。(中山選手が)競技中に聴いている音楽です」。そんなたわいのないおしゃべりが、緊張をほぐしたのかもしれない。金メダルを取った後は「焼き肉に連れて行ってもらいたい」と笑った。

 西矢選手がスケートボードを始めたのは5歳ごろ。スノーボードの夏場の練習として、2歳上の兄が始めたのがきっかけだった。主な練習場所は、自宅のある大阪府松原市内の市のスポーツ施設「スポーツパークまつばら」。6年前にオープンし、スケートボードを練習するための手すりなどが設置されている。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1478文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集