特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪開会式 脈絡ないパフォーマンス 決め手のない今の日本を象徴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪の開会式会場で記念撮影をする菅義偉首相(中央奥)=国立競技場で7月23日夜
東京五輪の開会式会場で記念撮影をする菅義偉首相(中央奥)=国立競技場で7月23日夜

 東京オリンピックが始まった。開幕までに、これほどまでにさまざまな問題が浮かび上がった大会はないだろう。「多種多様なパフォーマンスが展開された開会式は、決め手のないこの国を象徴している」と指摘するプロデューサーの残間里江子さんに、五輪について寄稿してもらった。

五輪で可視化した日本の課題

 開会式の映像をテレビで観(み)ながら、長きにわたってこの国にくすぶっていたさまざまなことがあぶり出されたとの感を強くした。

 オリンピックにコロナ禍が重なったことで、どうにも誤魔化(ごまか)しがきかなくなったとも言えるが、考えようによっては平時なら見えなかったことが、ここではっきりするのは良いことかもしれない。

 総工費膨張のため新国立競技場の計画白紙に始まり、エンブレムデザインの盗用疑惑、女性蔑視発言で組織委員会会長が辞任、開閉会式の演出統括者が女性タレントを侮辱する発言で辞任、開会式の作曲担当者が過去の障害者への悪質ないじめで辞任、そして開会式直前にはかつてホロコーストをやゆしたということで開会式の演出担当者が解任――といった、オリンピックに絡んで表面化した問題だけでなく、もっと根深いところでこの国を少しずつむしばみ始めていた病巣が見えて来た気がした。

各所にリーダー不在

 何よりも強く感じたのは…

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1986文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集